HIV治療の現状はどうなっているのか

かつては不治の病とされていたHIVですが、近年は完治こそ難しいものの、症状を遅らせる抗HIV療法が患者に対し行われています。この療法により、エイズ発症を数十年遅らせる事ができます。また、自分の体調に疑問を持った時は、HIVかどうかを調べられる抗体キットを保健機関などから取り寄せることができます。これは自宅で簡単に確かめることができ、プライバシーの保護にも役立っています。事前の防止が必要なのはいうまでもありませんが、医療機関でも発症を食い止めるべく様々な努力が行われています。

herughjfjd.com